ウィモバの日々

Windowsをモバイルする…それがウィモバ(仮)。手のひら端末が好きです

auガラケーSIM対応なRedmi note4(china版)を購入してみた!

初めてxiaomiの端末を購入してみた。

注意:xiaomi等の海外端末は日本の技適を通していない製品が多く、日本で無技適の端末で通信を常用する事は法律的に云々カンヌンなので本サイトは違法行為を助長する意図のものではありません。

しかし現状は海外から大量に来ている外人さん達が普通に無技適の端末を使っているため、最近は実情に合わせて条件が緩和されているとかどうとか。

 

1.相変わらずガラケーmicroSIM用のDSDS端末を探す日々

相変わらずauのオレンジの②ガラケーmicroSIMを刺してCDMA2000で通話出来るDSDSスマフォを探してさまよい続ける日々。

さすがにそろそろ「ドコモとかMVNOの音声付きプランにでも移れや!」「いつまでガラケーSIMにこだわんねん!ビョーキとちゃうか!?」みたいな暴言も聞こえてきそうだが、諸事情でしばらくはそのまま使い続けるしかない。個人的には何処のキャリアでもいいんだが。。。

ということで、以前こちらのエントリ

auの3G(CDMA)ガラケーSIMを投げ捨てれば楽になれるのに…今更3GガラケーSIM対応の端末を探す - ウィモバの日々

等で使用可能なSIMフリー端末を探してみたところ、SIMカットすればOneplus5/5Tやxiaomi mi mix2といったSD835機種(Antutu値20万)でも使えるらしい事は分かった。

だが、SIMカットはやはりコワイ!ので、そのままmicroSIMを突っ込めるスロットのある機種縛りでみるとxiaomiのRedmi Note 4(china版)かRedmi ProがSoC:MTK X20でスペック的にAntutu値9万近くで一番マシという感じになった。Antutu値的にはg07+/++の倍近く。これなら3Dゲームもそれなりに遊べるかな・・・ということで買っちゃった。

 

2.海外サイトJoybuyでRedmi note4を買うも届くのに1ヶ月以上かかった

Redmi Note4のchina版はCDMA2000に対応しているが、Amazonで売っているglobal版はCDMA2000非対応という話があるので要注意

Redmi Note4のスペックは↓こちら↓。

红米Note 4 参数 - 小米商城

2016年のわりと型落ち製品のため、日本で販売しているサイトはヤフオクや中古以外では無かった。(中古でもいい人はイオシス等を見てみよう)

そこでchina版を海外の通販サイトで色々と調べてみると、現状ではJoybuyで売られている物が価格が一番安そう?という感じになったので、Joybuyから購入してみた。たまにFLASH DEALだかのセールで値が下がる。

Shop Xiaomi MI Redmi Note4 smart phone 4GB+64GB Online from Best Mobile Phones on JD.com Global Site - Joybuy.com

SoC:MTK X20/RAM:4GB/ROM:64GBが最上位モデル。同じ製品名なのにメモリやSoC違いもあって、それぞれに細かい品番がないのでややこしいw

f:id:rideonshooting:20181114041831p:plain

自分が購入時は180ドル(2万円以下)なので安いのは安かったが、9月末~10月頭に注文してから長々と待って11月6日に到着、と1月以上かかった。長い!DHLだかで3000円くらい?余分にお金を払えばもっと早くつくらしいが、そこは時間とお金のトレードオフだねえ。

 

3.Redmi note4を御開帳。中身はシンプルな構成

届いた端末を御開帳する瞬間はやっぱりワクワクするね。

f:id:rideonshooting:20181107175000j:plain

箱は薄いラップフィルムに包まれていたが、結構汚れていて大丈夫か?と思ったがフィルムを剥がしたら箱は綺麗だったのでごあんしんだ。

f:id:rideonshooting:20181107175114j:plain

ちなみに裏面を見るとSoC・メモリ・ストレージ容量も確認出来る。今回はX20/4GB/64GBと期待した通りの代物だったが、購入したスペックの物でない場合は購入元に連絡を入れて面倒だが返品処理をする等…そういう時はやはり海外サイトでの購入は大変そうではあるが。

f:id:rideonshooting:20181109003307j:plain

蓋を開けると本体とご対面。はじめから本体にフィルムが貼られている。サラサラした触感で低反射タイプっぽい。気になる人はガラスフィルム等に貼り替えてもいいだろうが、自分は面倒なのでそのまま使うことにした。

f:id:rideonshooting:20181109003526j:plain

ちなみに箱の中身を全部出すと

・スマフォ本体

・USB充電ケーブル(microUSB)

・アダプタ

・中国語の説明書

・SIMピン(説明書の中に付属)

という簡素な内容だった。まあ中華だしね。フィルムは付いていたし問題ない。

 

4.電源を入れてセットアップ。日本語は選べない

では電源ボタンを長押ししてセットアップを開始していく。

f:id:rideonshooting:20181110122614j:plain

最初にxiaomiの独自UIであるMIUIのバージョンが確認出来る。最新だと9以上になっているが、出荷されてから更新されていなければ古い8のまま、と。ある意味新品の証。これは後で更新しよう。

f:id:rideonshooting:20181110122648j:plain

進めると、言語が選べる。中国語か英語、それとインド語(?)のみ!というシンプルな構成。まあ中華バージョンの中華ROMだし仕方ないが日本語は当然使えない、と。

f:id:rideonshooting:20181114165939p:plain

セットアップで特筆する事は特にはない。Googleアカウントの設定、MI(xiaomi)アカウントの設定や情報の送信有無の設定を行い、セットアップ完了するとホーム画面になる。某iOSっぽい感じで草。

 

5.初期状態の確認

セットアップ直後の状態を確認。

f:id:rideonshooting:20181114180651p:plain

f:id:rideonshooting:20181114180719p:plain

MIUIバージョンは8.1の中華ROMが入っている事が分かる。ギアベスト等、購入店サイトによっては怪しいショップROMなるものが入っている事があるらしいが、こちらは公式のROMだった。

Androidのベースバージョンは6.0と少し古い。システムアップデートでMIUIバージョンを上げればセキュリティパッチは上がるが、ベースバージョンは6のままだった。

f:id:rideonshooting:20181114181218p:plain

ストレージは54GB/57GBと十分な空き容量。DSDSするとmicroSDメモリカードは使えないが、自分の使い方なら問題ない感じ。

f:id:rideonshooting:20181114181348p:plain

MIUIの更新を確認すると9.6.2まで上げられる事が分かった。まぁ実際に上げてみても言語で日本語は選べないままで、あまり体感に違いはなかったが・・・

 

6.auガラケーmicroSIMを突っ込む。PRL更新も必要?

ではいよいよ目的であった、auガラケーmicroSIMを突っ込んでみる。

f:id:rideonshooting:20181114172340j:plain

まあ対応端末だから当然のごとく通話でき・・・

f:id:rideonshooting:20181114171234p:plain

アイエエエ!アンテナ立たない!?アンテナ立たないナンデ!?docomo系の方は有効になっているのに、と思わず動揺してしまった。

f:id:rideonshooting:20181111004340j:plain

恒例の事だが、auの3G SIMは色々と特殊なため認識がおかしい場合はPRLの問題だろうかとグラティナに突っ込んでみたら、何故かPRLが58になっていた。あれ?以前g07+で使うために60に上げたはずだが・・・?と困惑しつつ、PRLを60に上げた。

f:id:rideonshooting:20181114173054p:plain

更新したSIMを再度Redmi Note4に突っ込むと、当然のようにアンテナも立ち通話も出来た。そのSIMをg07+に戻して通話出来るのを確認した後、再度こちらに入れなおしても今度はそのまま使えた。ホントauのSIMの特殊性は勘弁な!という感じ。

まぁPRLが低いSIMの場合は60に上げる必要はあるのだろうが、上げていたはずのPRLが何故下がったのかは・・・ちょっと不明。 

気を取り直して進めよう。DocomoMVNO通信SIMもAPNを設定すれば通信でき、g07系と同じくDSDSは出来るようになった。

おまけとしてau系であるUQモバイルの通信SIMも同時に入れてみたが、こちらは挙動がバグって通話SIMが有効化できなくなり、通話出来なくなった。よく分からないがau系での通信SIMは諦めよう。

 

7.恒例のAntutuベンチマークも計測

この中華版の中華ROMにはGoogle Playストアは入っておらず独自のストアアプリがあり、そちらからアプリをダウンロードすることになる。そのストアにはAntutuも当然あったので、インストールしてベンチマーク結果を計測してみた。

f:id:rideonshooting:20181114211419p:plain

f:id:rideonshooting:20181114211424p:plain

f:id:rideonshooting:20181114211428p:plain

結果は9万超えまではいかなかったが89045とまずまずなスコア。Zenfone3よりも高く、いい感じに使えそう。

 

8.まとめ

まあ基本的には作りもしっかりして良い感じの端末だが、気になる事が何点かあった。

△システムUIで日本語が選べない

△GooglePlayストアがそのままでは使えない

△物理的に少し重い(175g)

△一般的な端末と違いハードキーの戻るボタンが右にある

△古い機種のためポートがmicroUSB

といったところがマイナスポイント。

 

ハードの問題は仕方ないとして、UIが日本語でない事やGoogleストアが入っていないのは不便だし大陸向けの中華ROMでは不都合も多そうなため、このままでは使わずグローバルROMを入れ直す予定。

 

Nexus5にカスタムROMを焼いてAndroid8.1にバージョンアップ

今更なネタだが。昔イーモバイルだかワイモバイルで買ったNexus5はバッテリーを交換しつつ3年以上使用し続けていたが、なかなかの名機だった。2017年にg07+へ乗り換えてからはセキュリティが更新されない関係等もあり眠っていたが、インターネットで見かけたカスタムROMを書き込むネタを見て試してみようと。

 

 

1.OS書き換えに必要なファイルの準備

①書き込むカスタムROM(OS)イメージ

Nexus5は海外でもメジャーな端末のため書き込めるカスタムROM(OS)はわりと種類が多いが、今回は評判が良いというAndroid8.1の「ResurrectionRemix」を使用した。

https://androidfilehost.com/?w=files&flid=268345

から最新版 RR-O-v6.2.1-20181007-hammerhead-Final.zip をダウンロード。

 

Googleアプリセット

素(AOSP)に近いカスタムROMではGoogleアプリが入っていないため、GoogleアプリのセットであるGAppsをダウンロード。

The Open GApps Project

対象のOSイメージがAndroid8.1なので[ARM][8.1]を選び、Variantはお好みで…と言いたいが、[micro]をインストールしようと試したら空き容量の問題で失敗したので、ここはより容量の少ない[pico]を選択する。 ※自分の端末はROMが16GB版だったので、32GB版の端末ならmicroも可能かもしれない。

f:id:rideonshooting:20181108005951p:plain

3箇所をチェックして右下の赤いボタンを押下。 open_gapps-arm-8.1-pico-20181107.zip をダウンロード。

 

③カスタムリカバリTWRP

Nexus5用のカスタムリカバリTWRPはこちらから最新のファイルをダウンロード。

Download TWRP for hammerhead

の一番上を選ぶ。今回は twrp-3.2.3-0-hammerhead.img をダウンロード。 

 

Android Studio(SDK Manager)

PCとAndrodi端末を繋いで操作するadbコマンドを使うためにAndroid Studio(厳密にはSDK Manager)が必要なので、ダウンロード&インストールしておく。

Android Studio のインストール  |  Android Developers

Android Studioのインストール後、SDK Managerを立ち上げて[Android Support Repository]と[Google USB Driver]を選択し、インストールする。

f:id:rideonshooting:20181107184020p:plain

インストールし終えたら、次はシステム環境変数の[Path]に「platform-tools」フォルダへのパスを追加しておくと楽。

f:id:rideonshooting:20181107184157p:plain

コマンドプロンプトを立ち上げて

> adb

と打ち込み、adbコマンドが通るか確認。通るなら準備完了。

 

2.端末の書き換え

①端末のブートローダをアンロックする

Nesux5実機の[開発者向けオプション画面]を表示し、[USBデバッグ]を有効化する。

f:id:rideonshooting:20181107214629p:plain

USBで端末とパソコンと繋ぎ、コマンドプロンプトを起動して

> adb reboot bootloader

コマンドでブートローダを起動する。

f:id:rideonshooting:20181107185554j:plain

初期状態ではブートローダはロックされており最終行に「locked」と表示されているので

> fastboot oem unlock

コマンドでアンロック確認画面を出す。

f:id:rideonshooting:20181107185710j:plain

端末のボリュームUPで「YES」を選び、電源ボタンでアンロック実行。ログが表示されしばらく待つと「erase…」だかの表示が消えてアンロック完了する。

f:id:rideonshooting:20181107185753j:plain

「unlocked」になっている事を確認した後は電源ボタンを押すと端末が再起動する。

f:id:rideonshooting:20181107190646p:plain

コマンドプロンプト側でもログで完了を確認できる。

なおこのアンロックを行うと端末のデータが完全に初期化するため、大事なデータは先にバックアップを取る事

 

②内部ストレージに書き込むzipファイルをコピー

OSを起動した状態で、ファイル転送モードにして

・カスタムROM(OSイメージ)

・GAppsのzipファイル

の2ファイルを端末の内部ストレージにコピーしておく。配置場所は特に指定はない。

 

③カスタムリカバリTWRPを書き込む

電源を落として、ボリュームDOWN+電源ボタンを長押ししてブートローダを起動し、コマンドプロンプトから

> fastboot flash recovery (PC側にあるTWRPのパス)

と打ち込んで実行。

f:id:rideonshooting:20181107212747p:plain

書き込みが完了したら再起動して、ブートローダを起動。

 

リカバリモードでTWRPからワイプする

ボリュームボタンを押下し、[Recovery mode]を選択して電源ボタンを押下。

f:id:rideonshooting:20181107220730p:plain

リカバリメニュー画面で右上の[Wipe]を選択し、下のスライダをスライドしてワイプする。

f:id:rideonshooting:20181107221234p:plain

Wipeが完了したら左下の◁(バックキー)でメニュー画面に戻る。

 

⑤カスタムROMとGAppsを書き込む

メニュー画面から[Install]を選択して、カスタムROMのzipファイルを選択する。

f:id:rideonshooting:20181107221820p:plain

スライダをスワイプすると書き込みが始まりログが表示され、しばらく待つと「...done」と書き込み完了する。

f:id:rideonshooting:20181107222056p:plain

またバックキーで戻り、[Install]で次はGAppsのzipファイルを選択する。

f:id:rideonshooting:20181108024238p:plain

こちらもスライダをスライドして書き込む。

f:id:rideonshooting:20181108024344p:plain

しばらく待つと「...done」と書き込み完了する。

 

⑥最後にワイプして再起動

最後に後処理として、上の状態から[Wipe chache/dalvik]を押下してゴミを除去。

f:id:rideonshooting:20181108024414p:plain

ワイプ完了したら最後に「Reboot System」を押下して再起動。

f:id:rideonshooting:20181108024610p:plain

しばらく待つとNexus5がAndroid8.1にて無事起動!やったぜ。一番最初だけ英語だが選択肢から日本語に変えられるのでごあんしんだ。

 

3.Nexus5@Android8.1の状態確認

まずはセットアップ直後のアプリ一覧。なんとアプリ数はTWRPを入れても16個!

f:id:rideonshooting:20181108024942p:plain

無駄な物が(ほぼ)何もない…はるかに良い。最小限のGAppsでPlayストアは入っているのでGoogleメール等必要なアプリはストアから追加していこう。

f:id:rideonshooting:20181108025220p:plain

初期状態のストレージは3.61GB使用で16GB版でも12GB以上の空き容量はある。少し心もとないが、まあ使い方によっては十分行けるだろう。

f:id:rideonshooting:20181108031600p:plain

Android8.1でセキュリティパッチも比較的新しいので安心感がある。セキュリティがあまりに古い端末を使い続けるのは危険性があるからね。

 

4.Antutuベンチマーク結果

ついでに恒例のAntutu v7.1.0でのベンチマークも。

f:id:rideonshooting:20181108222953p:plain

5万点以上(この端末の平均値は52,973なので平均を少し下回るが)で、ゲーム以外の用途なら十分そうなスコア。

 

5.まとめ

と、こんな感じでスマホ再生産(?)したNexus5。Webブラウザを操作していても意外とヌルサク?な感じで普通に使えそう。いや常用はさすがにもっとスペックの高い端末があるから使わないが、いざという時に使える予備端末があるのは安心できるね。5年前の端末なのにすごいぜ。

 

 

なお、さらに調べるとAndroid9ベースのカスタムROMもある模様。

hammerhead - Box

こちらは完成度がまだ少し怪しく不具合が多いようだが、いずれ試してみたい。

 

参考サイト様:

Gintoki Note: 【Nexus5】Nexus Root Toolkitを使ったプレ文鎮からの復旧方法

もしワイプ失敗して半文鎮化してもNRTで公式OSに戻せるヤッター!(意味深)

Nexus5にAndroid 7.0 Nougatをインストールしてみた! | tomokinのガジェット説明書 -ともせつ-

Android 8.0 Oreo for Nexus 5 [Install AOSP 8.0.0 ROM]

 

宣伝。

PDAの頃からお世話になってるけどバッテリー交換して古いスマホを使えるようになるロワ様マジ神!感謝!

渡部陽一さんの「掟」というフェイクニュース。2chソースの怪しいネタが拡散され本人に否定される時代

うん、まあ世間では色々あるみたいだねえ。

あごひげ長く、足取りしっかり 安田純平さん帰国(産経新聞) - Yahoo!ニュース

まぁ安田さんの言動の賛否は置いておくとして、それに関して「渡辺陽一さんの発言」とされるものがTwitter等で出回って、渡辺さん本人が否定するという事態になったそうな。

戦場カメラマン「渡部陽一さん、戦場取材の掟」はフェイク。本人が否定(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース

戦場カメラマン「渡部陽一さん、戦場取材の掟」はフェイク。本人が否定 - Togetter

うーん。不謹慎だけどちょっと笑ってしまう。世界最強の軍隊・・・

 

そんなネタについて、どういう経路から出回ったのか気になったのでちょっとググってみた。まずTwitterで遡って検索すると、この方のツイートに突き当たった。

https://mobile.twitter.com/wq1dfefwqs/status/560615222314938370

f:id:rideonshooting:20181026035937p:plain

2015年1月29日 午前10:47に最初のツイート(鍵垢化、自分がブロックされていたりツイ消しがなければ)。この後に同じようなツイートが続いている。

 

そして5番目のツイートをみると、ゴシップ速報というまとめサイトへのリンクが貼られている。アクセスしてみると・・・ドンピシャ。

渡部陽一さんが戦場カメラメンとして有能な理由wwwwwwwww‏: GOSSIP速報

f:id:rideonshooting:20181026042535p:plain

ゴシップ速報の他にも、アルファルファモザイクやキニ速、他多くのサイトが取り上げて拡散していたのでせっかくだからいくつかリンクをば。

何故か記事が消されていたのはウェブアーカイブから拾ってきておいた。

https://web.archive.org/web/20150201223143/http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4296613.html (キニ速)

f:id:rideonshooting:20181026042433p:plain

https://web.archive.org/web/20151125114644/http://alfalfalfa.com/archives/7778569.html (アルファルファモザイク)

f:id:rideonshooting:20181026042504p:plain

戦場カメラマン、渡部陽一さんの”取材の掟”が話題 (らいとれんど)

f:id:rideonshooting:20181026042627p:plain

ソース元が不明なのを分かって拡散しちゃうのもまたインターネットだね。まぁ自分も たまにやってしまう事が無きにしも非ずだから他人事ではないが・・・

 

それはともかく、これらのまとめサイトで使われている文の大元は、この2chという掲示板の書き込みを元にしている事が分かった。

【朗報】 渡部陽一さん、有能だった

この掲示板の1レス目(2015/01/29(木) 09:35:32)に渡部陽一の戦場取材の掟」と称した、同じ箇条書きのネタが書かれている。

だが、その内容に関するソースのリンクは一切無い。いやいやそれ何処から出てきた文章だよ???

この文が他に出てこないかと検索し続けたが、これより古いサイトは出てこなかった。恐らくこの2ch掲示板に書き込んだ投稿者1の創作でしかないのだろう。

この胡散臭い書き込みがツイッターまとめサイトで拡散されて広がった、的な感じ。

 

流れてきた情報の内容が良いと思ったり共感したら真偽の有無に関わらず拡散されてしまうのはインターネット時代の良い所でもあり悪い所でもある。ツイッターだとRTボタンをぽちっと押すだけだしね・・・

まぁ情報を拡散する前に、本当に信頼に値する内容なのか、一次ソースを当たる等を皆が行えるようになればいいね。

 

関係ないけどパープル式部の作者さんのせいで「ウマルさん大好きおじさん」とかいうワードが思い浮かんでしまって腹筋に悪い。Twitterの最初の人がうまるちゃんアイコンなのは出来過ぎだろw

 

2018年11月からauのガラホSIMにIMEI制限がかかる模様。やはり停波まで3Gしかにい・・・

auのカケホ/スーバーカケホプラン(ケータイ)なガラホ向けSIMに2018/11/1からIMEI制限がかかってSIMフリーのDSDV端末で使えなくなるとのこと。

◆2018年11月11日追記

やはりガラホSIMにIMEI制限がかりSIMフリー機種で使えなくなった模様。Twitterで怨嗟の声が溢れている。

 

 

1.前置き。auで3Gの格安通話プランを維持したい人達

さてauの3G(CDMA2000)ガラケープランが格安なのは皆さんご存知の通りだが、au謹製の3G SIMを入れて使える端末(iPhone 4S等)はきょうび型落ちすぎてゲームもネットを見るにも、ろくに使えるものではない。

なので、ピュアなauユーザなら本来は4G(LTE)に契約を変更して4Gスマホに乗り換えるべきなのだろうが、なんといっても4Gスマホのプランはパケット定額が必須でバカ高い。

それなら他の安いキャリアやMVNOにでも乗り換えるなり、3Gsimをガラケーに刺して通話端末と通信端末を分ければばいいじゃない、という話になるのだが。

・通話はauの3G格安プラン(シンプルSSで934円かつ無料通話付きetc)のまま維持したい

ezWebのキャリアメールをそのまま維持したい(ezWIN・月300円)

・低スペックなガラケーや3Gスマホを通話のためだけに持ち歩くのは嫌だ

とか思っちゃうのが我が儘なユーザ達のサガ。

 

そこで、通話をauの3G SIM、通信をMVNO等の4G LTE SIMの2枚刺しにしてDSDSのSIMフリー端末で使おうという人が出始めた。が、DSDS可能でもBC0(CDMA2000)に対応している機種は非常に少ない。さらにauのCDMA2000は独自規格のため、もしBC0に対応していても実際にauのSIMで通話可能かどうかはSIMを刺して確認しないといけないという有様。なので先人達は海外のXiaomi製等のSIMフリーDSDSスマフォを3G SIMで試行錯誤しながら3G+3G、4G+3Gで使ってきていた。

そんな中、2017年に鳴り物入りで登場した合法端末g07+/g07++は、端末の品質とサポートがアレな事で評判があまり良くなく、後継機も出なくなってしまったのは残念。

 

2.DSDVで4GガラホSIMのカケホプランに脚光が浴びる。が…

なんとか料金を安く抑えたい3Gユーザが苦心する一方、auは従来のガラケーユーザ向けに4Gガラホ向けプランを打ち出した。ガラホ向けプランは通話VKプラン等1000円前後のプランもあって安いが、SIMにIMEI制限がかかりauの端末でしか使えない問題があった。そのため(voLTE SIMでは4G+4GでDSDS出来ない問題もあり)、DSDSしたい3Gユーザ達からは見向きもされなかった。

ケータイ (4G LTE) | 料金・割引プラン | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

唯一?といっていいGRATINA 4G(KYF34)は通話を3Gで行う特殊なSIMのためゴニョゴニョ・・・な話があったが、入手が面倒なためやはり多くのauの3Gユーザ達には関係はなかった。

 

だが、いつ頃からか(2018年上旬頃?)ガラホSIMのカケホ(ケータイ)/スーパーカケホ(ケータイ)プランにIMEI制限がかからなくなった(VKプランは制限がかかったまま)という現象が発生した模様。そしてauのVoLTEに対応して4G+4GのDSDVが使えるZenFone 5/5ZやP20 lite等が発売されたため、安い1,200円のカケホプランのガラホSIMをSIMフリー機種に入れてDSDVが使えるという話が広がり、いろんなブロゴ等で話題になった。

3G(CDMA2000)ケータイのプランよりは少しコストが上がっても、安くて品質の良い4G voLTEで通話出来て、LTEで通信出来る新しい機種が使えるのは魅力的だしそりゃ皆こぞって使うという話。だが・・・

 

3.SIMフリー機種でのガラホSIMの使用終了のお知らせ

10月の中頃から、SIMフリー機種でガラホSIMを使用している人達に終了の通知が来た模様。

auガラホSIM、11月から他のスマートフォンで動かなくなる模様 | なまあず日記style

【悲報】auガラホSIMでのDSDV、2018年11月から使用不能に : がじぇったーblog

https://mobile.twitter.com/adlerangriff/status/1053518804632854528

2018年11月1日から(IMEI制限で)ガラホ以外では通話と通信に制限がかかってしまう、という。今までSIMフリー機種でガラホSIMを使って通話出来ていたのは「間違い」だった、と・・・うーん。 

ガラホのカケホプランからスマホのカケホーダイ等のプランに変える等すれば制限なくそのまま使える模様だが、先に書いたようにスマホのプランは通話プランだけでは契約出来ず通信オプション必須で高いため、スマホプランに変えるメリットは正直少ない。

SIMフリー機種でDSDVをしようとしてハシゴを外されてしまった人達は、基本的には

①仕方なくauの高いスマホプランに移行する

ガラホが手持ちにあるならSIMをガラホに入れて通話に使う

③脱庭する

といった選択肢を取らざるをえなくなった。

 

4.安さを求めるならauの3Gを停波するまで使うしかない

ということで、実は自分もガラホプラン化して購入したZenFone 5Zでの4G+4G DSDVを考えていたのだが、見事にもくろみが崩れ去ってしまったのだ。ガハハ・・・はぁ・・・

なので通話用には今ある3G(CDMA2000)のSIMをg07++に入れたまま現役続行!3Gだと通話は安く済むし問題ないぜ!(負け惜しみ)

皆も通話だけをauにしがみ付いて安く済ませたいならSIMを3G化して、g07+/g07++をどこかから入手して使うなり怪しいXiaomi製の端末を海外から入手するとかしてみるといいよ!

auの3G(CDMA)ガラケーSIMを投げ捨てれば楽になれるのに今更3GガラケーSIM対応の端末を探す - ウィモバの日々

g07+は品質がアレだしXiaomi端末はショップROMのマルウェアとかが危険で怖いしROM書き換えとかものすごく面倒臭そうだけど、きっと楽しいよ(無責任)

 

ちなみにauの3Gの新規契約は2018/11/7で受付終了らしいから、もし今更3Gに入りたい酔狂な人がいるなら早めに入ろう。 

auの3Gサービス、2018年11月7日に新規契約受付終了 - ケータイ Watch

なお停波の時期については明かされていない。噂では2020年まで?と囁かれていたが、もうすぐ2019年も近いのに停波が発表されていない現状、そこまで早くはないのでは、と。ドコモも2020年代の半ばという話だし、auもあと数年は使えるだろう。

au3Gが停波その日まで、俺達の戦いは続く…!

ZenFone 5ZのAntutuベンチマークとFGOでの宝物庫周回結果

前回のエントリ 

ZenFone5 Z(ZS620KL-SL128S6)を買ってみた!使いこなせる気がしないハイスペックぷり - ウィモバの日々

ではZenFone 5Zの基本的なところを見たので、次はスペックを。ということでスマフォの総合スペックを測るには定番のAntutuベンチマーク。これもバージョンによって値が変わったり、ブースト云々で疑問視する声もあるが、平均値もあり基本的には参考にはなるので。

 

1.ZenFone 5ZのAntutuベンチマークの確認

Antutu バージョン ver 7.1.0で実施してみた結果・・・

f:id:rideonshooting:20181022000112j:plainf:id:rideonshooting:20181022005927p:plain

総合値で25万9606という値が出た(平均値は26万7866)。

それでもユーザの82%ということは、18%の人はさらに上のハイグレードな端末を使っていると。セレベストかよ。

f:id:rideonshooting:20181022000338j:plainf:id:rideonshooting:20181022023812j:plain

ちなみに愛用してきたZenFone3を測ると7万7208。たった7万(笑)

 

2.ZenFone 5Zで宝物庫周回してみた結果

ではいよいよ発端となったFGOでの周回の結果を確認する。何故か勢いあまってwebカメラでローテク撮影してみた。

メニューで宝物庫の超級をタッチしてからメニューに戻ってくるまでのタイムスタンプは0:25:11~0:27:17。

周回完了するに約2分6秒程度かかった

LOADING表示が出てから消えるまでの時間は20秒程度
うーん、これはなかなか良い感じなのでは? iPhoneの最新端末にすればこれの半分になるらしいが、これで十分満足かな。端末の値段も倍くらいするしw

 

3.ついでにZenFone 3で宝物庫周回してみた結果

ついでに今まで使っていたZenFone3版での宝物庫周回(超級を選択してからメニューに戻ってくるまで)記録も。

こちらはなんと周回完了するのに3分と少々かかっていた。

LOADING表示が出てから消えるまでは44秒。5Zの倍・・・つらい。

ZenFone3でも十分使えているとは思っていたんだが、SoCとストレージの組み合わせで変わるもんなんだなぁ。

 

今まで2年間ありがとうZenFone3!いやFGO以外には十分実用的なんじゃが・・・じゃが・・・

 

ちなみにAndroidでのFGO問題の発端となったエントリはこちらの方。

AndroidでFGOのローディング時間が長すぎてつらい問題は端末買い換えるより他ない【10/11追記あり】 - つんどくダイアリー

ついカッとなってZenFone5Z買っちゃったけど結果オーライなんでOKです。

 

ZenFone 5Z(ZS620KL-SL128S6)を買ってみた!使いこなせる気がしないハイスペックぷり

今までメインのスマフォは2016年に購入したZenFone3(ZE520KL)を使っていて不満はそれほど感じなかったが、Android端末でのソシャゲFGOの周回に関する諸問題を見ていたら、つい最新スペックのスマフォが欲しくなってしまってな・・・かといってiPhoneを買うという選択肢はなく。

ということで2018年10月現在、Android端末の最高峰のひとつであるASUS製のZenFone5 Z(ZS620KL-SL128S6)を買ってみた。

現行の最新SoCであるSnapdragon 845を使用している端末はZenFone 5Zの他にもSonyXperia XZ3、ギャラクシーのGalaxy S9やHTC U12+等いろいろあるが、高い。

エイサス製は値段のわりに品質もそれなりに良く、個人的に色々買ってきた中でも外れがなく、コスパが良いのでついついアスース製を選んでしまった。

 

 

1.ZenFone5Zのおおまかなスペック

まずはおおまかなスペックを抜粋。

 

ZenFone5Z 簡易スペック表
項目 詳細
SoC Snapdragon 845
GPU Adreno 630
ストレージ(ROM) 128GB
メインメモリ(RAM) 6GB
ディスプレイ 6.2型ワイド Super IPS+液晶
解像度 2246x1080
アウトカメラ1 1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
アウトカメラ2 800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
インカメラ 800万画素カメラ内蔵
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 5.0
SIMカードスロット nanoSIMスロット×2
サイズ 幅約75.6mm,高さ約153mm,奥行き約7.7mm
質量 約165g
バッテリー 3,300mAh
通信方式 FDD-LTE,TD-LTE,キャリアアグリゲーション,W-CDMA,GSM/EDGE
  FDD-LTE: B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28
  TD-LTE: B38/B39/B41
  キャリアアグリゲーション: 2CA/3CA
  W-CDMA: B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19
  GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz

 

うーん強い(確信)。

細かいスペックを知りたい場合は下の公式をば。

ZenFone 5Z (ZS620KL) | スマートフォン

 

2.ZenFone5Z開封の儀

では届いたZenFone 5Zを確認していく。ということでまずは化粧箱・・・

f:id:rideonshooting:20181015165104j:plain

と定番のミヤビックスのブルーライトカットフィルム。ブラシーボかもしれないが、やはり貼ると目への負担が違う気がするので。

箱の中身はこのような感じ。

f:id:rideonshooting:20181015165341j:plain

・ZenFone 5本体
・USB Cケーブル/ACアダプターセット
・SIMイジェクトピン
・クリアケース
ハイレゾイヤホン「ZenEar Pro」
・ZenEar Pro交換用イヤーピース
・ユーザーマニュアル
・製品保証書

といった内容。液晶フィルムは入って無かったのでちょうど買っておいてよかった。

 

3.ZenFone5Zをセットアップ

本体の保護カバーを外して液晶保護フィルムを貼れば、いよいよセットアップ開始する。

余談だがミヤビックスのフィルムは液晶全面を完全にカバーするものではないが、表示部分はカバーしており、ちょうど良いサイズだった。

f:id:rideonshooting:20181015170351j:plain

右側面の3つのボタン(上から音量+/音量-/電源)の一番下の電源ボタンを長押しして起動。

f:id:rideonshooting:20181015171525j:plain

ようこそ画面を進めていき、ASUSアカウントのログインやらGoogleアカウントのログイン、他の端末からのデータコピー等の設定を済ますとホーム画面に。

 

4.セットアップ直後のROM/RAMを確認

セットアップが完了したので、直後のストレージ(ROM)とメモリ(RAM)を確認してみた。

f:id:rideonshooting:20181021213715j:plainf:id:rideonshooting:20181021213818j:plain

ストレージは約15GB使用で113GBの空き容量。メモリは1.9GB使用で4.0GBの空き。アプリを増やしていけば減っていくとはいえ、どちらも十分な空き容量。

 

5.ZenFone5Zの大きさをZenFone3と比較

ZenFone5Zは6.2型ワイド液晶ということで印象的には「すごく大きいです・・・」という感じだが、実際どんなものか手持ちの5.2インチであるZenFone3と並べてみた。 

f:id:rideonshooting:20181015170636j:plain

ZenFone5Zはベゼル部分がかなり狭くなっており、液晶にノッチ部分(切り込み)があるうえ縦長のため、1インチという差のわりにはZenFone3と幅1.7mm、高さ6.2mm程度しか変わらず、幅約75.6mmの5Zは自分の手では十分片手持ちで使えた。

また余談だがZenFone3 Deluxeは5.7インチで横幅76.7mmあり、そちらに比べると横幅がスッキリしている。

 

6.ZenFone5ZはDSDVに対応。4G+4Gで待ち受け可能!

この機種はnanoSIMスロットが2個あり、1個はmicroSDカードと排他のためmicroSDカードを使わなければ2枚刺ししてDSDVが使える。

microSIMは使えないので注意!

f:id:rideonshooting:20181021223439j:plain

従来のDual Sim Dual Standby(DSDS)では、4G(LTE)+4G(LTE)の同時待受は不可能で4G+3Gでの同時待受しか出来なかった。そのため2枚刺し出来ても通信にLTEを使う場合、キャリアの通話は3Gでしか使えなかった。

だがこのZenFone5ZはDual Sim Dual VoLTE(DSDV)に対応しており、4G+4GのVoLTEでの待ち受けが可能になった。そのため通信にLTE回線を使い、かつ3Gより通話品質が良いVoLTEでの通話するという構成が可能になった。

そしてこの機種はauLTEバンド1と18に対応している。つまり、auのVoLTEな通話&通信SIMを入れて日常的に使えるという事になる。(BAND1しか対応していない機種の場合はauLTEが使える範囲はかなり狭い)

だがこのブロゴで何度も取り上げているauの3G(CDMA2000)には対応していないので使えない。ニッチすぎるので当然だが。

 

7.ZenFone5Zは指紋認証と顔認証の同時使用可能

ZenFoneシリーズは3から指紋認証が使えていたが、5Zではさらに最近増えてきている顔認証にも対応している。

f:id:rideonshooting:20181021223820j:plain

顔データを登録すれば、パスワードロックをかけていても電源ボタンを押して画面を見るだけでロック解除される。指紋認証も早いが、顔認証は楽ちんすぎでマジヤバイ!

 

8.ZenFone5ZのカメラはAIでなんかスゴイらしい(理解不能

ZenFone5Zの背面にはメインカメラ、サブカメラの2個カメラがあり、サブカメラのほうは超広角カメラで景色がすごい楽しく撮れるらしい。まだ使いこなせていないが、お出かけする際が楽しみだ。

またカメラ機能はAIによってシーンによって最適な撮り方が出来るらしい。なんかスゴイけどカメラ機能のメニューが多すぎてよく分からんかった!これはそのうち勉強しよう・・・

f:id:rideonshooting:20181021225855j:plain

とりあえずお腹がすいたので寄ったマクドナルドでのビックマックをZenFone5Zで撮影してみた。まあまあ美味しそうにみえる。

f:id:rideonshooting:20181015174309j:plain

こちらはZenFone3での撮影。うーんどちらも美味しそう(デブ)。

  

9.ナビゲーションバーはオーバーラップ/固定化可能

アプリを起動中に下のほうに出るナビゲーションバーは初期状態では隠れており、画面下部から上にスワイプする事でアプリにオーバーラップされて表示される。

だが、いちいち操作して隠れているナビゲーションバーを表示するのが面倒臭い場合がある。その場合は、ナビゲーションバーの一番左にあるピンボタンを押すと、ナビゲーションバーが常に固定表示されるようになる。

f:id:rideonshooting:20181023011915p:plainf:id:rideonshooting:20181023011947p:plain

スワイプしてアプリにオーバーラップ表示される初期状態(左)と固定表示状態(右)。

 

10.とにかくハイスペックで大満足だが使いこなせるかは怪しい

ZenFone2、3と使ってきて不満はなかったが、5Zはとにかくハイスペックすぎて大満足。だが、カメラのAI機能など高機能すぎて真に理解できているとは言い難く、また他にも色んな機能はあるのだが、せっかく入っていてもそれを使いこなせるかは怪しい。スマフォの高機能化に人間はついていけるのだろうか・・・

やはり劣っている人間はAIに乗っ取られ管理されるしかないのだろうか・・・

(なんでそういう話になるんだよ)(まあ、いいじゃん)

 

恒例のAntutuベンチマークFGOの周回結果についてはこちら。

ZenFone 5ZのAntutuベンチマークとFGOでの宝物庫周回結果 - ウィモバの日々

 

 

 

 

囚人リクの瀬口忍先生トークショーへ行ってきた!うろ覚え忘備録

君は週刊少年チャンピオンで2011年から2018年まで大人気連載していた瀬口忍先生の「囚人リク」という熱い漫画を知っているか?

まぁ知ってても知らなくても俺はどっちでもいいけど。

そんな瀬口忍先生のスペシャトークショーが、この前の9/15(土)に大阪で行われるという事で行ってきた!

瀬口忍スペシャルトークショー | 大OSAKA画材まつり

のでその忘備録をば。記憶が痴呆老人並にボケボケなので間違っているところがあれば失礼。

 

 

1:会場に着いて整理券を貰うために行列に並ぶ

トークショーの会場であるインテックス大阪へ行くも、受付開始時間前からなかなかの行列が。男女とも半々くらいですごい人気を感じた。

f:id:rideonshooting:20180915121515j:plain

事前予約制だったため、受付のお姉さんに代金を払いつつスマホで予約した際のメールの予約番号を見せてトークショーの整理券を貰う。

 

2:会場入りする際に没ネーム2枚セットが全員にプレゼント!

整理券の順番にトークショーの会場へ会場入りする際に、全員におみやげとして瀬口先生の没ネーム2枚入りセット(内容はランダム)がプレゼントされた!すごーい!

f:id:rideonshooting:20180915123541j:plain

f:id:rideonshooting:20180915123457j:plain

自分のは田中さんからリクへのお題のシーンと最終回とか2人の夢なんかでもあった2人のツーリングのシーンだった。最終回の2人幸せそうでよかったねえ。

f:id:rideonshooting:20180915123507j:plain

しかも没ネームの裏には先生渾身の絵もあり、自分のは優しい眼差しのレノマがかっこよすぎて宇都宮看守ばりにうれションしそうになっちゃった・・・危なかったぜ。

 

3:ライブペイントしながらのトークショー

・瀬口先生のトーク自体は実質12:40~13:40の1時間程度。瀬口先生が少年レノマをライブペイントしながら司会からの事前募集していた質問へ応えていくという形式

・先生から滲み出る人の好さげオーラというか優しそうな雰囲気がすごい(作品内容から目を逸らしながら)

・司会の段取りが悪くちょっと、いや結構グダグダだった。

・プロフィール紹介で「蒼天航路」のアシスタント、「囚人リク」の連載は紹介されていたが「畳の花道」とかの紹介はなかったw

・新作は準備中。スピンオフについては、レノマが好きなのでガッツリ描いてみた、とのこと。

・老眼?で眼鏡がないと描けないとのこと(カワイイ)

・パンダカワイイ!

Q:気を使っている事は?→A:少年誌なので分かりやすく丁寧に。昭和臭がきついとかいう話もあるが、分かりやすく次を読みたくなるようなコマ作り、ページ作り。とにかく分かりやすいものを、と。編集さんにも聞きながら描くことが多い。

・先生の描き方はシャーペンで描いた後、練りけしで薄くしてからペン入れする。

Q:ペン入れはどこから?→A:今回は耳から。たいてい顔の輪郭から描く。

Q:ペンは?→A:太いのは筆ペン。あとは0.何ミリとかのミリペンやボールペンを使って描く。

Q:ボールペンのこだわりは?→A:ユニのスタイルフィットにグリップを後付けしている。専門の道具でなく、近くの文房具屋で手に入る道具を使いたい。レアモノは使わない。

Q:顔を描く時のこだわりは?→A:目はやはり力が入る。あと鼻。最初はリクの鼻の穴が編集に「カッコよくない」からとNGが出た。けど鼻は大切だと。「鼻も表情があるので、それを捨てるのはもったいない!」と編集に言ったら、編集も納得した。

ただ、イケメンのレノマや椿とかは鼻を少し大人しめにしている

Q:ネームはどれくらい描く?→A:ボツになるものも多い。それを知らなく驚く人も多いので、そのNGも完成形になるための一部として、作品の一部ではあるので、喜んでもらえたら、と没ネームを配らせてもらった。

Q:一番時間がかかるのは?→A:1ページの1コマ目。そこに2日くらいかけることも。かなり悩んだが、その後はガーッといく。最初の60ページの1話は8~10回くらいやり直した。特にリクの行動原理にかなり悩んだ。編集と悩みに悩んで、時には迷走して投獄されたアントニオ猪木をリクが助け出す話なんかも出た。

Q:アイディアや魅力的なキャラはどうやって考える?→A:リクは少年誌らしいキャラとしてすぐ固まったが、レノマは最初は敵役だったのでいかついキャラにした。ゴリラ顔だった。が、ある日編集から「男前にしましょう」と話があった。悪い奴なのでかっこよく描くのはかなり悩んで、途中でヒントとしてエミネムみたいな案もあった。

また、ラグビー後のリクとレノマが和解した時の笑顔にはかなり悩んだ。ファックスで相談し合って笑顔を何度もリテイクして決まった。

レノマの弱みを見せるため、ラグビーの前にレノマが谷村にシバかれる回で弱弱しいレノマを描いた時にチャンピオンで1位になった。編集も大喜び。

Q:ボールペンは?→A:絵を描く用の物ではないのですぐダメになりやすかったりダマになったりするとかあるが、ユニのはないので愛用している。

 

(ここで一旦事前質問は終わり、会場内のファンからの質問コーナーになった。)

 

Q:モチベーションを保つ秘訣は?→A:連載で皆さんに待っていただいているとかツイッターの感想とか、そういうものの評判で嬉しい。

Q:ポイントポイントで月夜のシーンがあったが?→A:居房(?)は時計がないので、時計の表現として最初は描いていた。が、読者が「月夜に意味があるのでは!!」と気にしているのを知って、瀬口先生としても、おじさんのシーンとかで重ね合わせたり意味を持たせるようにしていった。皆さんのおかげな部分もある。

 

(ここで時間が押しているとのことで質問コーナー及びライブビューイング終了)

(拍手)

・瀬口先生:ここまで続くとは思っていなかったし、読者にここで支持していただいて感謝、驚いている。

(拍手)

 

4:トークショー終了後はプレゼント抽選会も!

トークショー後は、なんとプレゼント抽選会まで!さすがにこれは全員プレゼントではなかったが。

・缶バッジ・・・20名

・マグカップ・・・2名

・湯呑・・・2名

・アルミボトル・・・2名

といった感じのラインナップだったかな。

整理券に記載の番号を向こうが抽選する形だった。マグカップか湯呑が欲しかったけど外れちゃったの・・・残念。

 

5:最後に会場外で瀬口先生を囲む握手会!

そして抽選後・・・なんと会場の外で瀬口先生が待機しており、先生を囲んで握手会が!泣き出す人もいて本当のファンって凄いなって。先生も本当に良い人オーラですごかったー。

こんな人から生首改造クリーチャーや永周ちゃんや田中一郎の面白いポーズが飛び出してくるのだか・・・(困惑)

 

いやーしかし本当にすごい、嬉しいイベントだった。瀬口先生も秋田書店さんも大OSAKA画材まつりさんにもただ感謝しかない。

 

6:トークショー描き下ろしレノマのイラストプレゼント企画まで!

そんな感じで好評のうちに終了したトークショーだが・・・なんと、トークショーで描き下ろした少年レノマのイラストプレゼントの企画が!すごい!太っ腹すぎるぜ!

ショタレノマはかっこかわいいな・・・

ということで、応募締め切りは10/31(水)18時までなので忘れずにしよう(しよう)

 

 

囚人リク(1) (少年チャンピオン・コミックス)

囚人リク(1) (少年チャンピオン・コミックス)