ウィモバの日々

Windowsをモバイルする…それがウィモバ(仮)。手のひら端末が好きです

ソシャゲのプリコネRを遊んで5ヶ月経ったの~!

ミヤコが今年4月にプリコネを遊び始めてから、なんと5ヶ月が経ったの~…ミヤコって誰なの!?

前回:ソシャゲのプリコネRを遊んで3ヶ月が経ったの! - ウィモバの日々

1.5ヶ月遊んだ時点でのプロフィールカード

現時点、9/20のプロフカードはこんな感じ。

f:id:rideonshooting:20200920233610p:plain

前回時点では星6が1人もいなかったが、先月の2.5周年の大盤振る舞いのおかげで星6キャラを8人作成する事に成功、そして七冠(プリコネのチートキャラ)のラビリスタフェスでラビリスタとムイミ(天井交換)をゲット出来た事で大幅に戦力を増強でき、一気に強くなってしまった・・・!

・(クリスとマコトだけはいないが)他の主戦力が揃ったことで9/12にレベル151にてようやくラースドラゴンを4凸撃破する事に成功。以降、最近は毎日3凸で安定して撃破。

・ルナの塔はEXこそ踏破出来ていないものの、通常階層は現時点の最上階まで登頂できた。

バトルアリーナとプリンセスアリーナもテッペン(頂上)が見えてて来た…!まだ手駒が完全に揃っていないせいで完全に登頂出来るかは怪しいが、あと2ヶ月以内には…

 

2.主な戦力など

主なアタッカー、タンクはこんな感じ。サポートはランクを上げないので載ってないが、それなりには揃ってきている。

f:id:rideonshooting:20200920234410p:plain

・ダンジョンコイン組は簡単に星6に出来ていいね。

・アリーナコインではヒヨリを最優先、素敵な石で少しブーストして開花。ヒヨリバーニングラッシュが強いすぎる…!すべてのコンテンツで大活躍。(やはり何事も暴力で解決するのが一番だ)

・アリーナコインの星5組では他にタマキ、リノ、アヤネがいるが…魔法キャラ退治にタマキもいいなと思うが、タマキも敵に挑発があるからリノ砲のほうが汎用性が高そう。

・プリーナコインでは星6のハツネを最優先。ハツネのUBも物理アタッカー殺しな感じで強い。ミヤコも結構ピンポイントで仕事してくれる。他はツムギがわりと使われてる感じ?

・クランコインではマコトかイオだが…アリプリ優先するならイオちゃん先生が最優先。クランコインがまだ集まってないせいで星6まで少しかかるが、次のクラバトではなんとかなるかな?ならないかな?

みたいな感じ。

・なにげにハード組のピースも面倒。ミフユも星6までまだまだ遠いし、ルナちゃんとお姉ちゃんがまだ封印されたままなのだ… 

・プリンセスオーブも足らないせいでサレンママとアキノさんの星6が遠い…!

 

といった感じ。毎日そこまで時間かけずに遊べるプリコネたーのしー!

(とか言ってないでそろそろメインストーリーも真面目に読めよ)(まぁ、いいじゃん)

GPD WIN MAXが我が家にやって来た!(1)内包物や外装、簡単なベンチマーク

ということで、5/18にクラウドファンディングのIGGでBackしたハイスペックモバイルゲーム端末GPD WIN MAXだが…実は8/24に届いていた。

いやあすぐ色々と遊びたかったのだがその後トラブル続きでじっくりと時間が取れなくってね…ともあれ、ようやく真面目に開封して遊ぼうという事になった。

 

 

1:GPD WIN MAXの開封の儀~内包物

という事で開封の儀を行ってみた。宅配された段ボールを開けると高級感ある箱が。

f:id:rideonshooting:20200824161052j:plain

箱の蓋を開けると…

f:id:rideonshooting:20200824161148j:plain

GPD WIN MAX本体と付属品の箱。付属品を出してみると…

f:id:rideonshooting:20200827214537j:plain

本体以外の付属品は

・説明書(多言語対応)

・USB充電ケーブル

・電源アダプタ

という非常にシンプルな構成。天空やデントで買った場合は色々とオプションが付いてくるが、IGG本家版は余分な物が一切ない。液晶シートが必要な人は通販サイトで買おう。

ちなみに電源アダプタはちゃんと日本仕様。

f:id:rideonshooting:20200827214603j:plain

アダプタの仕様。WIN2では12VまでだったがMAX用は最大20V。

2:GPD WIN MAXの外装

下手くそだが一応外装の写真をば。

f:id:rideonshooting:20200827215011j:plain

天板は文字も模様もなくシンプル。正面のポートはイヤホンジャック。

f:id:rideonshooting:20200827215047j:plain

左側面にはマークが見難いがコントローラ⇔マウスの切り替えスイッチがある。

f:id:rideonshooting:20200827215033j:plain

右側面にはmicroSDカードスロットと、LANケーブル。オフィス用途としてもバッチリ!

f:id:rideonshooting:20200827215140j:plain

背面にはフルサイズのHDMIポート、USB3ポートx2、USB-Cポート、Thunderbolt3.0ポートという充実ぶり。裏面の穴空きっぷりがなんか廃熱性能がすごそう。

f:id:rideonshooting:20200827215302j:plain

キーボード。トラックパッドが上部にあるのは少しアレだが6段で数字キーとFnキーが独立しており、BackSpaceもEnterの上にあるのでPocket Maxの配置より好みのレイアウトでいい感じ。

3:GPD WIN MAX本体とアダプタの重さ

では本体重量を測ってみる。

f:id:rideonshooting:20200827214834j:plain

えっまさかの800g超え!?…なんと853gもあった。レッツノートのCF-RZ(760g)より重い。

以前試したMiniBookとPG-9083s合体版(約907g)などよりは軽いが、両手で持ってもずっしりと来る。これは…持ったまま遊べるのだろうか…(困惑)

f:id:rideonshooting:20200827214905j:plain

ついでに電源アダプタ+USBケーブルの重さは165g。電源アダプタのみだと124gだった。

本体と充電器を合わせると1kgを超える重さというのは、うーん。まぁ軽い方ではあるか。

4:GPD WIN MAXのセットアップ

ともあれ、気を取り直して本体の電源を入れてセットアップしていこう。

本体の右上コントローラより上にある赤いボタンが電源ボタン。独立しており、誤操作で押しにくそうなのはヨシ!

f:id:rideonshooting:20200827215455j:plain

最初は中国語で表示されるが、画面下部にある「日本語」を選べば問題ない。初手大音量で喋るコルタナさんには注意。後は普通のWindowsセットアップを行えばデスクトップが見られる。

f:id:rideonshooting:20200827220131j:plain

という事でセットアップ直後の画面。デフォルトでPCアイコンとゴミ箱、Edge、それにSteamセットアップ、GPD WIN MAX説明書がある。

f:id:rideonshooting:20200902230847p:plain

ちなみにSSDパーティションがCとDに区切られている。切り方が気に入らない場合は後からクリーンインストールする等してみよう。

5:本体SSDベンチマーク(情報&速度)

ではCrystaldiskmark様の定番ソフトでベンチマークを取ってみよう。

f:id:rideonshooting:20200902231216p:plain

SSD規格がWIN2ではM.2.2242だったがWIN MAXではNVMEとなっており、非常に高速。(GPD WIN2より)はやーい!

SSDに負荷をかけるベンチマークでは最大61℃くらいにはなったが、廃熱性能が高いせいか本体を持っていても熱さを感じず、持っていられないという事はなかった。

6:DQ10FF14ベンチマーク結果

 ではお次はこちらも定番、ドラクエ10ベンチマーク

f:id:rideonshooting:20200902231739p:plain

1280x720の解像度とはいえ「最高品質」で9978と約5000程度だった初期型WIN2の倍のスコアが出た。ヤバいですね。

f:id:rideonshooting:20200902231915p:plain

FF14のベンチ時に、間違えて「ノート品質」でなく負荷の高い「最高品質」で実行してしまったが、なんと3936で「快適」という評価が出てしまった…!

f:id:rideonshooting:20200911024336p:plain

その後、「高品質(ノート品質)」で再実行すると5320で「とても快適」表示が出た。

実行中はファンが爆音で鳴ってはいたがその廃熱効果か、やはり両手で持っていても本体の熱さをそれほど感じる事はなかった。

分かってはいたけどこのマシン、ヤバいわよ!

 

今度はSteamの大型ゲームも試してみたいが、先にセットアップ関連を色々試すべきか…

 

以下アフィ。

 液晶保護シートは個人的には目に優しいブルーライトカットがオススメ。

f:id:rideonshooting:20200910220655j:plain

PDAの頃からミヤビックスさんの物を愛用している。

 

ソシャゲのプリコネRを遊んで3ヶ月が経ったの!

ミヤコが4月にプリコネを遊び始めてからちょうど3ヶ月が経ったの~…ミヤコって誰だ!?

前回:ソシャゲのプリコネRを1か月遊んでみた! - ウィモバの日々

1.3ヶ月遊んだ時点でのプロフィールカード

とりあえず7/20時点のプロフカードはこんな感じ。
f:id:rideonshooting:20200726140725j:image

プリコロ実装時のプリフェスでプリコロやマジカルカスミやらマヒレンジャーにハロミミ、300連天井でプリペコをゲットしたおかげで大幅に戦力アップ。アリーナ&プリーナともにランキングが結構上がった。

だが次のプリユイ実装時のプリフェスでは石が無くて回し損ねてしまった。おかげでアリプリ上位では敵のプリユイによく殲滅されてしまう…サノバビッチ!

次のプリフェスではプリユイが欲しいの~。

 

2.戦力は集中して育てよう

アリーナ・プリーナで勝てないのは育て方が悪かったのもあるかもしれない。

なにしろ3ヶ月たっても☆5以上が一人もおらず、最高でもRank14の☆4までしかいない状態。

f:id:rideonshooting:20200726143333j:image
f:id:rideonshooting:20200726143317j:image

マナを枯渇させながら戦力を20~30人と分散させすぎた悪い例。

皆はちゃんと戦力を集中して☆6を作っていこうね☆

ダンジョンコインのユカリ・マホ・キャル、アリーナコインのヒヨリ、プリーナコインのハツネあたりは☆6にしやすいぞ☆

 

3.プリンセスコネクトの良いところ

3ヶ月遊んでみて良い感じだったのでこのまま遊び続けてしまいそうな勢い。

まぁ個人的な感想として、他のソシャゲと比べて良いと思えた点。

・どんな端末からでもアカウント紐づけして同一アカウントでプレイ可能

スマフォ、PCのどんな端末からでも同じ垢で遊べる。地味にすごく便利。

・PC版(DMM版)はネイティブなソフトなので快適動作

BlueStacksによるエミュではないため内蔵GPUのGPD WIN2でも快適に遊べる。

・ストーリーと戦闘クエストが分離しており、どちらか集中して進められる

話の途中でワイバーンは襲ってこないw これも地味にストレスレス。

・戦闘のフルオート対応、スキップチケットによる周回時短

初回はスキップ出来ないが、戦闘は眺めているだけで楽ちん。

・おまかせ強化で簡単にできる限り強い状態にしてくれる

これもわりと便利。装備を集めるのは面倒だがセットは楽ちん。

・1日に使えるスタミナが決まっているので遊ぶ時間は短い

盆栽ゲーとよく言われるが、スタミナ制限の影響で1日に出来る事が決まっているので逆に時間を取られなくていい。イベントでさえ周回チケットがあるので一瞬でノルマ周回が終わる。

 

とかそんな感じ?

FGOとかFGOとかFGOとかに見習ってほしい快適機能も実際あるのだなあ。

もちろん悪い点もあるにはあるが、このゲームの快適さについては実際遊びやすいので他のゲームにも見習って欲しい部分はあると思う。

 

以下 アフィ。

プリンセスコネクト! Re:Dive 1 [Blu-ray]

プリンセスコネクト! Re:Dive 1 [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/08/07
  • メディア: Blu-ray
 

特典がお得すぎて実質無料(欺瞞)

 

 

ソシャゲのプリコネRを1か月遊んでみた!

先月の4月20日くらいからソシャゲのプリンセスコネクト!Re:Dive (プリコネR)をはじめていた。アニメがこのすばの監督らしく、なんとなく面白いような面白くないような不思議な魅力があって…気がついたらいつの間にかゲームをインストールしてしまっていた。

 

1.最初のスペシャルガチャでその後の難易度が決まる

開始した直後の72時間はスペシャルガチャで限定のつよキャラが引けるので、引けるだけ引こう。ゲームを進めていけばどうせ石はガンガン溜まっていく。石はなくなってもいい、だからありったけを…!

ここで強いキャラを引けるまでリセマラするのもあり。

自分の場合は最初の10連でリノ、その後の何十連かでネネカ、クリスマスイリヤ、モニカが引けた。ググったらネネカは当たりの部類だという事なので(正直リセマラは面倒なので)そのまま進めてみた。もし快適に進めたい人はネネカとプリペコとノウェムとクリスが出るまで頑張ってみるの!(適当)

 

2.およそ1ヶ月遊んだ時点のプロフィール

f:id:rideonshooting:20200521042805p:plain

なのじゃなの~!石を毎日100消費までガンガン割ってクエストを進めていき、プレイヤーレベルは78(この画像時点では77だが1進んだ)まで到達。

戦力はスタメンの☆は2~3、Rankは9~11。

途中まではつい手持ちのキャラをなるだけ均等に育成しようとしたせいで(マナが枯渇して諦めたが)バトルアリーナは☆3も少ないしメインキャラ5人の武器ランクも同順位クラスの人たちより低いせいで負けが続いてるの… そのせいというか逆に人数が多いPアリーナのほうがランクが高いの。

ルナの塔はまだまだ難しいの…

 

3.毎日キャラの装備とメモリーピースを集めてキャラ育成

基本的には毎日クエスト・アリーナ・探索・ダンジョンを攻略してはキャラを強くするために装備とメモリーピースを集める事になる。

キャラ毎に装備を集めて装備のランクを上げてまた装備を集めて…の繰り返し。装備強化はマナが許せばしてもいいが、ランク8くらいまではなるべく強化不要。ガンガン装備強化しすぎるとマナがすぐ枯渇するのでな…

モリーピースはなかなか集まらないが、一定数集まったら才能開花でキャラが強力に進化するので地道にコツコツ集めよう。

育成の注意としては、最初のほうはなるべくキャラの育成人数を絞る事。全員を均等に育てようとすると装備もろくに集まらないしランクも上げられず、マナもすぐ枯渇してしまう。

 

4.ノーマルクエストの参考(にならない)攻略レベル

◆ノーマル11-17(石像)…普通

プレイヤーレベル:レベル63、ランク7、☆2~3

f:id:rideonshooting:20200521044052j:plain

ボスのUB全体魔法攻撃が少し痛いのでヒーラー2人で回復連打、魔法防御バフのミサトやユカリがいると安定。

◆ノーマル12-17(砂ネズミ?)…難敵

プレイヤーレベル67、ランク8〜9、☆2~3

f:id:rideonshooting:20200521044140j:plain

ボスのUB物理全体攻撃が痛い。回復連打しつつレベルを上げて殴り倒した。

◆ノーマル13-17(チビ蛇)…簡単

プレイヤーレベル67、ランク8〜10、☆2~3

f:id:rideonshooting:20200521044251p:plain

13はわりと簡単に倒せた。前衛2人で攻撃を受けきり、魔法防御バフのユカリで安定。

◆ノーマル14-14(恐竜)…難敵

プレイヤーレベル73、ランク9〜10、☆2~3/サポートにマホ

f:id:rideonshooting:20200521045031j:plain

ボスのUB全体物理攻撃が強すぎて低レベルではまともに耐えられないため、マホや正月ユイ等のような物理防御バフがないと厳しかった。手持ちによってはレベル100くらいないと☆3が取れないだとか…

◆ノーマル15-14(二つ首)…強敵

プレイヤーレベル73、ランク9〜10、☆2~3/サポートにマホ

f:id:rideonshooting:20200521045345p:plain

こちらもUBの全体物理攻撃が痛いので物理防御バフのキャラがいると安定する。恐竜よりは弱い。

◆ノーマル16-14(冬眠)…普通

プレイヤーレベル78、ランク10~11、☆2~3

f:id:rideonshooting:20200521045734j:plain

敵が全体魔法攻撃なのでヒーラー3人態勢、魔法防御バフのミサトとユカリで切り抜けた。

◆クエストを振り返っての感想:ネネカ様が強いすぎる

うーん改めて振り返ると最初のガチャで引けたネネカ様頼りすぎる…もしいなかったらもっと攻略も遅かっただろうなあ。そこそこ固いヒーラーのユカリも☆2になったらサブタンクとして頼りになりすぎる。

他にも育てているアタッカーはいるにはいるんだが、前衛アタッカーは脆いせいでボス前の敵で殺されてしまう事故が多くてね。ついつい回復耐久寄せになってしまう。

 

5.マナ購入と探索(毎日)

マナ購入はデイリーにもあるので石で毎日10個だけ買うのはアリ。と思っていたがマナ1個の購入はコスパ悪く石が無駄なので基本買わない方がいい。すまない、本当にすまない…

たまに探索ドロップが2倍になるので、その期間中は石600個くらいまで買って探索でマナ(とポーション)をガンガン稼いでおこう。マナは育成していくと消費もインフレしていってすぐ枯渇するからあっても困らないのでな…

探索はレベルが高いところほど稼げるので、最新レベルがクリア出来ない場合はサポートを借りてでも一番強いところを☆3攻略しよう。一度☆3攻略したら後はチケットで簡単に周回出来るので。

 

6.ダンジョン攻略(毎日)

毎日ダンジョンを1回攻略できるので、しよう。

レベル77での完全攻略はVery Hardまでいけた。ダンジョンの仕様は微妙というか、ボスのレベルは固定だが途中の敵の強さ(レベル)がプレイヤーのレベルによって上がっていくというクソ仕様なため、最初のダンジョンなんかはボス直前の敵がボスより強くなる事もある。途中の敵に負けないようスタメンの5人はなるべく最強の状態に保っておこう。全キャラ投入できる総力戦ではあるが、均等に育てようとすると戦力が低くなってしまい、雑魚敵の攻撃で簡単に溶けるので…

ボスが倒せなくてもボス直前の敵まで倒せたら、ドロップは前のダンジョンをクリアするのと同等か、プラスちょっと貰える。なのでなるべく最新のダンジョンを攻略していこう。Extremeを完全攻略していなくてもExtreme2は解放されるので、Extreme1ボスが倒せない場合はExtreme2をボス直前まで攻略するほうが効率がいい。

ダンジョンに限っては途中でリセットすればデメリット無しにバトル前の状態に戻せるので、もし事故死したらリセットしよう。

 

7.バトルアリーナとプリンセスアリーナ(毎日)

バトルアリーナは他のプレイヤーのキャラ(CPU)とのPvE。

キャラ自体の性能、装備ランク、才能開花(☆)、専用装備、キャラの組み合わせによるシナジーなど様々な要因が重なって複雑怪奇。同じプレイヤーレベル、同じ戦力では錬られたパーティにはまず勝てない事が多い。

正直プリペコとクリスがいるパーティにはプレイヤーレベルが10くらい高くても負けるので避けている(畏れ)あんなんチーターや!

プリンセスアリーナも同じく別プレイヤーキャラ(CPU)とのPvEだが、こちらは5人×3チーム(15人)構成のせいで育成をそれなりに手広くしていた人が若干有利(?)。タンクとアタッカーとサポートをちゃんと育てていればそれなりに勝てる感じ?

 

8.キャラストーリーとメインストーリーを読み進める

まぁゲームの醍醐味といえば、バトルも良いがやはりストーリーを楽しむ事だろう。

キャラストーリーは読むとキャラの性能アップも発生するのでなるべく読もう。キャラストを読むには絆上げが必要だが、周回チケットで攻略するようになるとキャラの絆が上がらないため、ギルドで餌を与えて絆を上げるべし。

メインストーリーは…クエスト16時点だと1部8章で世界観が判明するあたりまで(ちなみに最新話は2部まである)。正直わざとらしい説明セリフがくどかったり微妙なところもあるが、話自体はまぁまぁ楽しめる。全体的なストーリーはいいけど脚本というかテキストが所々微妙な感じかな。

ぶっちゃけどういう話かはネタバレが出回っているため、ちょっとプリコネの情報を調べたらある程度分かってしまいほーんという感じになってしまうが、それはそれとしてキャラ同士のかけあいや赤ちゃん(騎士くん)の時たま見せるかっこいいところを見てみよう。

章毎にEDと次回予告という演出は評価したい。田中公平の音楽のおかげで正直アガる。偽サクラ大戦感…強い(確信)。

 

9.赤ちゃんからの育成指南

・デイリーミッションをこなそう

毎日ログインしてデイリーのミッションをクリアする事でスタミナや経験値、マナが溜まるのでしよう。

・育成キャラは絞ったほうがいい

序盤ちょっと失敗して後悔してしまったが、なるべくスタメン5人~プリアリ要因として15人くらいと、一定のキャラにリソースを絞ったほうがいい。強くなっていくと物理や魔法等の相性で5人だけではクリア出来ない所もあるため育てるキャラも増えていくが、キャラの装備を集めるために周回するスタミナと強化するためのマナは有限なので。

・スタミナドリンクは無い。石を60~100までは割って進めよう

スタミナドリンクという便利なモノはない。石は攻略を進めるたびにガンガン増えていくので、安心して石を割ってスタミナを回復してクエスト攻略を進めよう。

スタミナ回復するたびに40→60→100と消費石が増えていくので普段は60くらいまで、クエストのドロップ2倍期間中やイベント開催中は消費100までは割ってでも周回しておこう。

・コインは毎日コツコツ集めよう

ダンジョンコイン、アリーナコイン、プリアリコインは毎日コツコツ集めてメモリーピースに交換、キャラを才能開花させよう。最初は☆1や☆2の弱いキャラでも☆3以上に才能開花して専用装備を付けたら強くなるのでごあんしんだ。

クランコインは定期的に開催されるクランバトルでしか集められないので「ごめユイ」もといマコトはガチャでないと仲間にするのは困難。

・クランに入ってサポートを設定しよう

デイリーにも関係するが、クランに入って毎日いいねするとスタミナが貰えたりサポートを設定するとマナも溜まるので、必ず何処かのギルドに入る事をオススメする。

 

10.で、ゲーム面白いの?

なかなか面白いよ?という感じで。ゲームもわちゃわちゃした賑やかなオートバトルを眺めてるだけでも楽しいし、キャラも皆かわいい。ストーリーもアニメとはテイストが若干違うがまぁまぁ楽しめる(脚本は時折微妙だが)しフルボイスでアニメもちょくちょく挟まれて見ごたえある。最初は主人公の赤ちゃんムーブが若干アレすぎてドン引きするかもしれないが、仕方ないよね。重い記憶喪失という状況が状況なので「しょーがねーだろ赤ちゃんなんだから」の精神で主人公を広い心で受け入れてあげよう。お前がママになるんだよ!

正直個々のキャラにスポットを当てたアニメは良改変という印象。ストーリーを追うのに必死でダイジェスト気味だったマギレコとかのアニメはちょっと残念だったなぁ…(遠い目)

 

まぁ、生きてるプレイアブルキャラが死なないせいでぬるく感じるというソシャゲ特有の問題もあるが…これは仕方ない部分もある。何回でもキラキラ消滅出来るFGOめ…!

あと1章に関してはアニメもだったけど公式の執拗なキャルちゃん虐待がクセになってくる。あれ……初めて見た時…… なんていうか……その…下品なんですが…フフ……フフ……フフ……

クラウドファンディングサイトIGGにてGPD WIN MAXを支援してみた!

さて先日も書いたように、本日5/18 10時からクラウドファンディングのサイトIndiegogoにてGPD WIN MAXがBack(実質的に販売)開始されたわけだが…

GPD WIN Max: Handheld Game Console for AAA Games | Indiegogo

出遅れたw 色々と忙しくて今日なのを忘れていたが、Twitterで見かけて思い出して早速Backしてみた。16時にアクセスした時点ですでに1000人以上のBackerが支援していたが、まだ間に合ったようでナントカBackできた。

f:id:rideonshooting:20200518163731j:plain

2000番を超えるとは…また結構遅い番号になってしまったが…早めに届いてくれると嬉しいことだなあ。

なおIGG価格は$6,038 HKD。日本円にして8万3500円くらい?

端末のハイスペックぷりに比べると正直かなりお得なお値段だと思うので、気になる人はとりあえず手を出してみよう(???)

いずれは天空やデントのような日本の代理店や、他の販売サイトでも扱い始めるかもしれないが、その場合は価格が高くなるのと日本語でのサポートという天秤があるのでな…

Bluetoothゲームパッド「IPEGA PG-9083s」でMiniBook等をゲーム機にしてみた!

という事でGPD WIN MAXのクラウドファンディング開始日も発表されて待ち遠しいこの頃だが、皆さん元気にゲームしているだろうか。

8インチと大画面のハイスペックなハードで最新に近い3Dゲームがバリバリ遊べるとあって楽しみすぎてどんな感じかと待ちきれなくて、GPDとは関係ないけどなんとなく前から気になっていたBluetoothゲームパッド「IPEGA PG-9083s」をつい買ってみた。これをUMPCに装着すればWindows携帯ゲーム機の完成だ!(欺瞞)

 

1:IPEGA PG-9083sの外箱、主なスペック

IPEGAという中国のシンセンにあるらしい企業が発売しているBluetooth型のゲームコントローラ。他にも色んな所がコントローラを出しているが、ここのPGシリーズはタブレット等をコントローラに挟み込んで疑似的に一体型ゲーム機のように出来るのが特徴。

f:id:rideonshooting:20200228010205j:plain

f:id:rideonshooting:20200228010218j:plain

主なカタログ仕様としては

・Bluetooth4.0接続

・物理switchによりWindowsiOSAndroid対応を切り替え可能

・最小14cm(約5.1インチ)~最大28cm(約11インチ)までの端末に対応

・充電はMicroUSB接続

といった模様。

 

2:IPEGA PG-9083sのパッケージ内容、外観と重量

次ははパッケージ内容と外観。

f:id:rideonshooting:20200228010450j:plain

・内容物は本体、充電用のMicroUSBケーブル、説明書

・本体ボタンはA/B/X/Y、START、SELECT、HOME、デジタル十字、アナログ×2、L1/R1、L2/R2

・本体の左側面に対応OS切り替えswitchあり

・本体の左下部にMicroUSB充電ポート

といった感じ。裏面は延長ギミックのみで特にIOなし。

f:id:rideonshooting:20200430004023j:plain

重さを測ってみたところ234~235gだった。まあまあゴツいしこんなモノ?

 

3:CHUWI MiniBookと合体して遊んでみた!

①Minibookと合体してみる

では早速コントローラをCHUWIのMinibookと合体してみよう。

f:id:rideonshooting:20200228224933j:plain

Minibookを裏返してコントローラに装着してみると、ちょうどあつらえたようにきれいにスッポリと収まった。他にもOnemixシリーズも本体は同じ厚みのようなので奇麗に収まるらしい。

f:id:rideonshooting:20200228225057j:plain

この状態でディスプレイを360°(実際には360°ではないが) 倒すと疑似ゲーム機の完成。

②ゲームで遊んでみる

ではさっそく本体とコントローラをBT接続してゲームで遊んでみよう。なおSteamで遊ぶ前には、ゲームの前にコントローラの登録(各ボタンの設定)を行う必要があった。

f:id:rideonshooting:20200229001804j:plain

一回初期設定を済ませればSteamのゲームも遊べるようになる。アリは消毒だ~!

③使ってみた感想

個人的な使い勝手の感想としては

XBOXコントローラ>WIN2コントローラ>PG-9083S

という感じ。ゲームコントローラは無論の事WIN2のコントローラのほうが思い通りに動かせて操作性がいいというか、PG〜は十字キーの入力とスティックの操作性にクセがあって移動に少しひっかかりがあり、正直オススメ出来るほど出来は良くはなかった。とはいえ、UMPCでこういう遊び方が出来るというだけでも面白い逸品ではある。

④合体重量は907g

合体した重量を測定すると907gだった。Minibookが680gくらいだったのでこんな感じ?

f:id:rideonshooting:20200430004120j:plain

GPD WIN MAXの800gより重いが、まぁこれはこれでトレーニングにもなるかもしれない。これでずっとゲームしていると腕に筋肉が付いちゃうからWIN MAXが来ても安心だぜ!(テキトー)

 

4:おまけ。レッツノートのCF-RZ8とも合体(問題あり)

ついでなのでCF-RZ8とも合体してみた。

f:id:rideonshooting:20200507013520j:plain

11インチまで可能という文言に偽りなく、ちゃんと挟み込めた。不思議な事にキーボード側もすっぽりと収まって画面も360°回転出来たが、問題が発生。

CF-RZ8には側面にボリュームボタンがあるため、 挟んでいると常にボリュームが押された状態になってしまう事が発覚。まぁこの状態でも遊べない事はないがハードの負荷的にあまり良くはないだろう…。

そこで今度はディスプレイ側を挟み込んでみたが、こちらも問題が発生。

ディスプレイ側を挟み込んだ場合は本体との兼ね合いで360°回転まで出来ず、CF-RZ8にはきちんと360°回転させていない状態では「画面回転ロック」が強制的にかかるという挙動のため画面回転出来なかった。

おまけにRZの旧機種では「PC設定ユーティリティ」で画面回転の制御が出来たようだがRZ8ではユーティリティに画面回転の項目が表示されずソフトで制御出来ない仕様っぽい。昔の機種では出来たらしいショートカットAlt+Xキーを押しても変化せず。

なんだそりゃ…という感じ。まぁ一応遊ぼうと思えば遊べるが、少し釈然としない。

 

Amazonアフィ。

 楽天アフィ。


 

 

GPD WIN MAXがいよいよ5/18からクラウドファンディング開始なの!

常にWindowsをモバイルしたい全人類100億万人の皆が待ち望んでいた待望のモバイルWindowsゲーム機GPD WIN MAXがついに!2020年5月18日10時よりIndiegogo(以下IGG)にてクラウドファンディングの予約を開始する、との事。

Shenzhen GPD Technology Co., Ltd. - GPD Pocket 2 GPD WIN 2 GPD Pocket GPD WIN GPD XD Plus GamePad Headheld Game Console Video Game Play Mini Laptop

公式アナウンスによると予約価格はなんと779ドル

さっそくIGGのサイトに飛んでみると…

WIN Max: Handheld Game Console for AAA Games | Indiegogo

まだ予約自体は受け付けていないが既にページは作られているので、眺めているだけでもワクワクしてくる。いやあ非常に楽しみだ。

 

ということでGPD WIN MAXの主なスペックをおさらいしてみると…

CPU:i5-1035G7(第10世代)
メモリ:16GB LPDDR4X 3733
SSD:512GB NVMe

画面サイズ:8インチ

解像度:1280 × 800

重量:800g


という変態…もといハイスペックなマシン。低めの解像度については賛否両論あるが、個人的にはモバイルするなら高解像度による負荷よりもスペックを取る方向でベネ。

他にもthunderbolt3対応などIOもたんまりつまった魅力的な機種が、なんと779ドル(現レートで約83,000円)で買えちゃうんですよ奥さん!これはもうBackしないと…!

給付金ーーー!はやく来てくれー!

 

Smach Zもレビューしている有名Youtuberのレビュー動画:

少し古いとはいえGTA5が40~50fps出てスムーズに動いているのはいいねえ。