ウィモバの日々

Windowsをモバイルする…それがウィモバ(仮)。手のひら端末が好きです

今更Inspiron530のグラボを換装して延命を図る話

いまさら化石なデスクトップPC、Inspiron530のグラフィックボードを換装するドットハック。



このブロゴで何回か出てきているInspiron 530。
CPUやHDDを換装したりメモリを増設したりしてきたが、10年目にして未だマザーボード壊れず・・・
最近のCoreiのPCの方が絶対コスパは良いはずなんだが、古いPCでもまだ使えるとなると捨てられないんだよなぁ。
とはいえ流石に8600GTという化石なグラボでは定番のドラクエ10ベンチも厳しくなってきたため、グラボを換装することに。

ちなみにドラクエ10ベンチマークを測ってみると、8600GTでは標準品質で3286、最高品質だと2865という低スコアだった。


Inspiron 530のグラボを交換したいんだけど?(電源交換無しの場合と有りの場合) - inspiron Desktop @ wiki - アットウィキ
Inspiron530のWikiサイトをみると、このPCの電源は300Wなので高負荷なグラボを使用する場合は電源の交換が必要だが
補助電源が不要な省電力タイプならわりと幅が広い!?ということで補助電源無しの製品を調べてみた。
その結果いくつか候補は上がったが、グラボのベンチが載っているサイトで見比べてみると、やはり古めの製品は性能が低い。
PassMark Software - Video Card (GPU) Benchmark Charts - Video Card Model List
GPD WIN2のHD 615(705)より低い性能のグラボを買っても仕方がないので、それ以上の候補をいくつかピックアップ。
GTX 650(1832)、GTX 750Ti(3729)、GTX 950(5212)、GT 1030(2234)、GTX 1050(4590)…など。
当たり前だが良い物は高価なため、今回はとりあえず数年前の定番だったというGTX 750Tiを使ってみることに。
750Tiの新品はほぼ存在せず、あってもぼったくり価格なため、ヤフオクで中古を探すと落札は7千円前後。


ということで、ヤフオクからGTX 750Tiのグラボを入手してみた。

メモリ1GBや2GBの物があったが、とりあえず手っ取り早く1GBの物を入手。



ではグラボを入れ替える・・・前にPCから古いグラボのドライバをアンインストールして、
新しいグラボ(750Ti)用のドライバを NVIDIAドライバダウンロード からダウンロードしておく。


準備が出来たらグラボを換装していこう。
①Inspiron530の本体左側のカバーを開けて、PCIスロットを剥き出しにする。

②本体裏にあるPCIスロットカバーの+ネジを外してPCIボードを抜き差し出来るようにする。
③一番上のスロットにある既存のグラボを抜く。

今まで使用していた10年モノの8600GT(上)と750Ti(下)。今までお疲れ様・・・

④空きスロットの一番上に750Tiを差し込む。2スロット分占有するが、下はまだ増設の余裕がある。

⑤交換が済んだらPCIスロットカバーを付けてネジを締め、本体左側のカバーを閉じて終了。



新しいグラボにディスプレイのケーブルを差し込んでPCを起動すると無事グラフィックボードを認識。
最初は解像度がおかしいが、ドライバをインストールして再起動すれば適切な解像度を認識するようになる。
インストール完了したら、早速ベンチマークを実行。
なんとドラゴンクエスト10ベンチマーク(1280x720x最高品質xフルスクリーン)で10086と1万超え!

FFIV 紅蓮のリベレーターのベンチマーク(1280x720x高品質)でも5423と5千越え!強い・・・

Steam版のMETAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROESも、1280x720のフルスクリーンなら38FPS〜40FPSと出て快適に遊べていた。
すごーい!

そして待機中(アイドルタイム)の消費電力は・・・70-80Watt!



750Tiはかなり"使える"のは分かったが、それより少々ランクが下がるGTX 650ならどうか?と。
ヤフオクの中古で3000円程度と安かったので、せっかくなのでこれも入手してみた。
こちらは1スロットのみ占有。

ドラクエ10ベンチマーク(1280x720x最高品質xフルスクリーン)では9146と惜しくも1万に届かず。

FFIV 紅蓮のリベレーターのベンチマーク(1280x720x高品質)では4321と、一応は快適扱い。

メタルギア5も36-38FPSで十分遊べた。



手持ちPCのベンチマーク結果

ベンチ/グラボ E8600
+8600GT
E8600
+GTX750Ti
E8600
+GTX650
GPD WIN2
(HD 615)
i7-4790K
(HD 4600)
ドラクエ10ベンチ ver.1.5.1
1280x720/フルスクリーン/最高品質
2865 10086 9146 5143 6880
FF14紅蓮のリベレーター
1280x720/ウィンドウ/高品質
×(DX11未対応) 5423 4321 2061 2634
メタルギアV:GROUND ZEROES
1280x720/フルスクリーン/デフォルト画質
×(DX11未対応) 38-40FPS 36-38FPS 20FPS 23-25FPS


ワットチェッカーを使用した消費電力

ベンチ/グラボ E8600
+8600GT
E8600
+GTX750Ti
E8600
+GTX650
i7-4790K
(HD 4600)
アイドルタイム 80〜90Watt 70〜80W 70〜80W 36-38W
ドラクエ10ベンチ ver.1.5.1
1280x720/フルスクリーン/最高画質
125〜130Watt 125〜130W 130〜140W 96W
FF14紅蓮のリベレーター
1280x720/ウィンドウ/高品質
×(未対応) 140〜180W 150-165W 78-110W
メタルギアV:GROUND ZEROES
1280x720/フルスクリーン/デフォルト画質
×(未対応) 130W 150W 83-96W

負荷が高いゲームだと電力が多めになるが、アイドルタイムでいえば8600GTよりもごくわずかに下がった。エコ?


ベンチマークから見るに性能がかなり上がり、最新でないゲームなら十分遊べるようになってしまった・・・
最近の3Dなゲームはグラボ依存が大きいからね。CPUもE8600ならi5-480Mクラスの馬力はあるし。
消費電力についても、さすがGTX750Tiはコスパの定番といわれるだけはある。


ただ、検索してみると同じ750Tiでもこの結果より良い値が出ているサイトもあるので
やはりC2D時代のマザーボードではCPUやPCIの規格の古さが足を引っ張っているのかもしれない。
とりあえず壊れるまでは使おう。




ワットモニターがあると消費電力がみえる化されて便利。
サンワサプライ ワットモニター TAP-TST8N

サンワサプライ ワットモニター TAP-TST8N